気になる!インク量の節約方法とは
2017.03.10

インクプリンターのインクカートリッジは、けっして安いものではありません。メーカーの純正品はかなり高価ですし、互換カートリッジも多少は安く購入できるものの、それでもまだ高いと感じます。特に最近はプリンター本体の価格が安くなっているため、インクの費用がよけいに高く感じられることも多くあります。そのため、できるだけインクの消費量を抑えて節約したいものです。その節約方法をいくつかあげてみます。

まず、モノクロの印刷であれば、印刷設定を「カラー」ではなく「モノクロ」に切り替えて使います。これでまずカラーインクの節約が可能です。次に、プリンターのプロパティを確認してみましょう。プリンターによっては、「インク節約」などの項目が設定可能になっていることがあります。この設定をすれば、印刷時にプリンターが自動的にインクを節約する動きをします。イラスト等の部分は薄く印刷し、塗りつぶしの文字は、縁取りの部分のみ印刷されるなどです。また、印刷速度を速くすることでインクを節約することもできます。印刷速度を高速に設定することで、紙にインクがしみこむ量が少なくなり、インクの使用量を減らすことができます。写真や、美しさや繊細さが必要となる印刷物には不向きですが、読めればいいといった印刷物であれば有効な節約方法です。印刷の濃度を薄くすることもインクの節約につながります。文字などが薄くても問題がない印刷物の場合は、濃度の設定を薄くして使いましょう。

印刷の回数をできるだけ少なくすることもインク節約の方法のひとつです。印刷量ではなく、回数です。プリンターは、電源を入れた際にインクのクリーニングを始めます。クリーニングはインクを噴出することで行なわれます。インク詰まりが起こらないように、良好なコンディションを保持するために必要な機能なのですが、電源のオンとオフを繰り返すたびにクリーニングがなされるため、インクの無駄遣いになってしまいます。それを防止するために、印刷が必要なものをできるだけまとめて印刷し、電源のオンとオフの繰り返しを少なくして、クリーニングの回数を減らすことがインクの節約につながります。また、最近では、プリンターのインク使用量を大幅に節約できる専用ソフトが販売されています。印刷レベルは高い設定のままで、インクの濃度を調整して、インク使用量を節約します。さらに、2面割付印刷や両面印刷もソフトを使って設定できるため、便利なうえ、用紙代の節約にもつながります。

▲ ページトップへ